疑問解決☆ステップメールとは?

見込み顧客の育成に効果的なステップメールとは

ホーム > ステップメールとは > 見込み顧客の育成に効果的なステップメールとは

見込み顧客の育成に効果的なステップメールとは

ステップメールとは、あるアクションを取っ掛かりに、先だって作り上げていたいくつかのメールを規則に沿ったスケジュールで時間をかけて配信するシステムのことを指します。
ひとつの例として、資料請求であるとか初回の購入を取っ掛かりに、数日した後、数週間した後、数ヵ月した後などセッティングしたタイミングで、その時々の最も適した中身のメールを送ることになります。
マーケティング方策のひとつで、とりわけ見込み顧客の養成を目的としまして活用することが多いアプローチです。
ひとたびシナリオ及びメールの中身を作成すれば、それ以降はアクションのたびにオートマティックに配信されます。
セッティングした狙いに、求められる情報を、相応しいタイミングで配信できます。
メールマガジンのように、配信毎に中身を考えることは不要です。


ステップごとにメールを配信することによって、期待できる最も大きな効果が見込み顧客の養成です。
効果的な期間をおいて、最も適したメールを配信することによって見込み顧客に対しての持続したコミュニケーションをとることが可能です。
とりわけBtoB企業においては、サービス導入、あるいは商品購入に至るまで比較的長い期間の検討期間が必要なことが多いことから、その期間に要領を得た情報を届けることを通じてクライアントとの関係を築き上げます。
ステップメールは対象の全ての人に1通目から配信されることになります。
ツールによりましては、メール配信している間のクライアントの行動に合うようにして中途からシナリオを分岐させて、一層パーソナライズされた中身を配信することも不可能ではありません。


定期的なコミュニケーションにより、クライアントとの相互信頼を構築することができます。
加えて、ブランド力が無い限り、一回の資料請求、あるいは購入だけでは、企業名並びにブランド名は忘れられてしまう確率が高いでしょう。
実務担当者が周期的にメールすることで名前を覚えてもらって、そして検討する段階というときに思い返してもらえる、といった営業に関する活動を、ステップメールが引き受けてくれます。
要するに、最も適したコンタクトを図ることができることになります。
実際的なシナリオ配信のためには、中身の準備も不可欠です。
クライアントの声といった事例紹介などをシナリオ設定を用意しなくてはいけません。
さらに、情報そのものが古くなりすぎないような一定間隔毎のコンテンツのチェックも忘れないようにする事が重要です。

次の記事へ

先頭に戻る